So-net無料ブログ作成

1月10日「十日戎」「初金比羅」 [情報]



「十日戎」
 七福神の一柱である恵比寿様を祀る神社の祭礼。
 西日本で行われます。
 商売繁盛を願って多くの人々が参拝し、縁起物を飾った笹や熊手を授かります。
 多くの神社では前日の宵戎から翌日の残り福までの3日間行われますが、前々日の宵々戎から行う神社もあります。

関西の名物祭り「十日戎(とおかえびす)」は、毎年1月10日、そろそろ初詣の時期が終わろうとする頃、関西では「えびす神社」と呼ばれる神社が一年で最も賑わう時期です。
 「十日戎(とおかえびす)」「えべっさん」と呼ばれ、神社境内では「商売繁盛で笹もってこい」の掛け声がエンドレスで鳴り響き、商売繁盛を祈願する人でにぎわう行事。関西以外では耳慣れませんが、大阪・京都・兵庫など関西各地にある戎神社で行われます。
 2019年の十日戎の大規模で有名な神社は・・・
 今宮戎神社(大阪府大阪市浪速区)(最寄り駅:南海今宮戎駅)
 西宮神社(兵庫県西宮市)(最寄り駅:阪神西宮駅)
 堀川戎神社(大阪府大阪市北区)(最寄り駅:地下鉄南森町駅・JR東西線大阪天満宮駅)
 京都ゑびす神社(京都府京都市東山区)(最寄り駅:京阪祇園四条駅)
 他にも、服部天神宮(大阪府豊中市)、野田恵美須神社(大阪市福島区)、堺戎神社(堺市)、布施戎神社(東大阪市)、ねや川戎神社(寝屋川市)、柳原蛭子神社(兵庫県神戸市兵庫区)などでも十日戎が行われ、それぞれの地元のひとで賑わいます。
 十日戎の日程は基本的に毎年同じで、新暦の1月9日が「宵(よい)えびす」、翌1月10日が「本えびす」、1月11日が「残り福」と呼ばれ、3日間にわたって行われる神社が多い。
 ※「京都ゑびす神社」では1月8~12日の5日間行われます。
 
 
 
「初金比羅」
 毎月10日は金比羅の縁日で、一年最初の縁日は「初金比羅」と呼ばれている。
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。