So-net無料ブログ作成

12月14日 [情報]



「四十七士討ち入りの日・忠臣蔵の日・赤穂浪士討ち入りの日」
  「忠臣蔵」で有名な、大石内蔵助良雄(おおいしくらのすけよしたか)以下、四十七士が本所の吉良上野介邸に討ち入りした日です。
 1702(元禄15)年のこの日、寅の上刻(午前3時)頃のこと、赤穂浪士47人が本所の吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを成し遂げました。
 1701(元禄14)年3月、江戸城松之廊下で播磨赤穂藩主・浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)が、幕府の礼式を司る高家筆頭の吉良上野介義央(きらこうづけのすけよしなか)に小刀で切りかかるという事件が起った。浅野には即日切腹、領地没収という厳しい処置がとられたが、吉良には一切のお咎めがなく、これが事件の発端となった。
 家臣たちは主君の仇を討つ為に綿密に計画を練り、翌年12月14日寅の上刻(現在の暦法では15日午前3時ごろとなるが、当時は日の出の時間に日附が変わっていたので14日となる)、大石内蔵助良雄(おおいしくらのすけよしたか)の率いる47人が、本所の堀部安兵衛宅に集まり、そこから吉良邸へ討ち入った。2時間の戦いの末、浪士側は一人の死者を出さずに吉良の首を取ることができました。
 世論は武士の本懐を遂げた赤穂浪士たちに味方し、幕府は翌年2月4日、一同切腹という処置をとった。
 この事件を題材として、歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』等100種にも登る作品が作られ、現在まで語り継がれています。
 討ち入り前に 太鼓を鳴らすシーンが有名ですが、あれは劇上での演出で、実際には太鼓など鳴らさず、静かに事を進行したそうです。
 また、赤穂浪士は一般的には四十七士とよばれますが、浪士の一人の寺坂吉右衛門は討ち入りに参加しましたが、泉岳寺にひきあげる途中で姿をけして切腹をまぬがれ、83歳まで生きていたそうです。
 東京都の泉岳寺や大石神社、兵庫県の花岳寺などでは、義士供養の「義士祭」が12月14日に行われ、江戸・本所松坂町にあった吉良邸の一部は現在松坂公園となり、元禄市が行われ、午前中は義士祭、午後は吉良祭が行われます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。